HOME>イチオシ情報>日本らしい厳かな雰囲気の中で挙式をしよう

日本の伝統的な挙式スタイル

新郎新婦

神社で式を挙げる神前式は、日本の伝統的な挙式スタイルです。教会でウエディングドレスを着て行う式とは、全く異なる雰囲気を楽しめるでしょう。神前式に馴染みがないと、結婚式の流れに戸惑ってしまいがちですが、不安を感じることはありません。結婚式の始まりは、「参進の儀」と呼ばれます。新郎新婦と家族が、雅楽の調べの中で式場まで移動します。入場後に行われるのは「修祓の儀」で、結婚式に参列する方の心身を清めます。祝詞奏上の儀で両家の結婚を神様に報告したら、三献の儀で夫婦の契りを交わしましょう。三々九度という名前でも知られています。誓詞奏上で結婚に対する誓いの言葉を述べたら、指輪の交換を行います。玉串奉奠で玉串をささげたら、退場し記念撮影を行うところが多いです。神前式の基本的な流れは以上のようになりますが、新郎新婦の希望によって、儀式をアレンジすることも可能です。相談してみると良いでしょう。

新郎新婦、家族が主役となれる式

花嫁

教会式と比較すると神前式を選択する方は少ないのが現状ですが、神前式ならではのメリットも少なくありません。その一つが、新婦だけではなく新郎も注目される機会が多いという点が挙げられます。結婚生活は、新郎と新婦の両方が協力し合って作り上げていくもの。入場から退場まで、一つの式を二人で協力して作り上げることで、一体感も強まるでしょう。また神前式では、新郎と新婦だけではなく、家族同士の結びつきも重視します。家族みんなの思い出に残る式を挙げられるのではないでしょうか。神前式では和装を身にまとい、厳かな雰囲気の中でちぎりを交わします。普段とは全く異なる装いや雰囲気を楽しめるのも、神前式ならではのメリットだと言えます。

広告募集中