HOME>特集>神聖なる神社でおごそかな結婚式を挙げられる

事前に知っておくこと

神前式

神前式の歴史はあまり古くはありません。というか、結婚式自体が明治からさかんにおこなわれるようになったからです。神前式は神社だけしかあげられないわけではありません。最近では結婚式場でも神前式をあげるところがたくさんあります。式の進行としては巫女の先導により次々と入場して最後に斎王が入場し、式が始まります。ちなみに巫女が式の司会進行をつとめる場合があります。進行役の言葉にしたがっていれば式はスムーズにすすみます。

きずなを深めたい

和婚

神社のおごそかな空気の中で式が進行していきます。最近では式場やホテルに館内神殿が設けられているところも増えています。神社であれ式場であれ神前の前で誓いをたてるのが神前式です。夫婦だけの絆だけでなく家族との絆を深めたい人にぴったりな結婚式です。神前式は参列者が親族のみに限られているところも少なくないです。実際のところ、何も言わなくても親族のみの参列で式をとりおこなう人も大勢います。それでも、友人などに参列してほしいと考えるならあらかじめ、神社側に相談しておきましょう。中には親族以外での参列ができるところもあります。友人との参列を考えているなら関係者への声掛けは必要です。

広告募集中