花嫁

伝統的な挙式スタイル

伝統的な挙式スタイルであり、日本らしさを感じられるということから、最近では外国人の間でも神前式で挙式をする人が増えてきているといいます。こうしたことから、インバウンドにもニーズがあることが明らかになってきました。ただ、インバウンドのニーズが増えていると言っても、主要な利用者はやはり日本人がほとんどです。男性の場合は紋付羽織袴、女性の場合には白無垢が定番ですが、色打掛や引振袖なども次いで人気の伝統衣装となっています。とにかく和装婚というのは衣装代に費用がかかるということから、最近では引振袖で妥協し、あとは披露宴会場で好きなドレスを着用するという人も増えています。挙式スタイルは変わっても、神前式は根強い人気です。

呼ぶゲストを厳選する必要性

社殿の中というのはそれほど広くはありません。そのため、神前式にはゲストを厳選することが新郎新婦には求められます。一般的に、神前式に招くのは家族並びに親族、それに加えて余裕があれば親しい友人を呼ぶということが定番となっています。残りのゲストは神前式の最中には境内の中で待機することになります。または、神前式は親族だけで行い、友人や同僚などは披露宴で合流するということが一般的です。こうした事情から、神前式は大人数の収容には適していません。

神社の格により費用が異なる

神社にも格があり、格式によって初穂料や利用料が大きく異なってきます。特に、知名度が高く、神前式が盛んに行われている神社の場合、利用料金が高額になる傾向があります。そうしたところは社殿も広くとってあるので、収容できる人数も多いです。数年前、皇族の方が一般人に降嫁されましたが、その時に利用された神社は皇族とゆかりのあるところで、一般人の神前式でも格式が高く、なおかつ人気の高いところであることで知られています。

神社挙式と披露宴

時代が変わっても、定番中の定番と言われているのは、神前式と披露宴です。神前式と披露宴がセットになっているパッケージプランを提供する結婚式場も多く、契約の際も結婚式場が窓口となっているのでまとめて契約を結ぶことができる便利でオトクなプランがあります。こうしたプランを上手く活用することにより、結婚式の準備にかかる手間や時間を省き、円滑に挙式の準備に取り掛かることができます。結婚式のパッケージプランは、新郎新婦に嬉しいサービスが盛り込まれていると評判です。個別に神社と結婚式場を探すよりも、予め提携を結んでいるところを利用したほうが、不便さを感じることはないでしょう。

広告募集中